FC2ブログ

女子高生様にいじめて頂くオリジナルM小説を掲載するblogです。



since 2005/01/23

プロフィール

JKS

  • Author:JKS
  • 小説の作者です。
<女子高生様にいじめられるDVD>
黒ギャル女子校生の放課後オヤジ狩りサークル
[サンプルムービー]

憧れの黒ギャル女子高生様にボコられる。そんな最高のシチュエーションです!

女子校生達の脚責め 瞳れん
[サンプルムービー]

ご存知瞳れん様のギャル系女子高生様にボコられるビデオです。結構マジで蹴りが入っていたりして、ハードにいじめられたい人にぴったり!

どうもM男優です。若い派手ギャルからスパルタでエロテク叩きこまれました。前編
[サンプルムービー]

女子高生様、ギャル様に罵倒され、殴られながらながら、エッチテクを教え込まれる。これもまた、たまらないシチュエーションです!



最近の記事



カテゴリー



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



現在の閲覧者

現在の閲覧者数:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(おもちゃの家1) ページ157
「ククッ、ホント変態だよ。じゃあ、土下座でお礼言ってみな」
僕は膝を折って、両手を床についた。
「うちらが満足できなかったら、お仕置きだからな」
ミキ様の言葉に、僕は必死で頭の中で考えた。
正座の状態で手をつき、頭を下げた。
「ミキ様、カズミ様、ユカ様、この度は変態おもちゃの家に起こし頂き誠にありがとうございます」
その時、『ドンッ』と言う衝撃とともに、額が床に打ち付けられた。

AD


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(おもちゃの家1) ページ156
「まずは、変態ポーズだろ?」
「は、はい」
頭の後ろで手を組んで、膝を開き気味に腰を落とし、チンポを前に突き出した。
ソファーに座った3人の女子高生様、超ミニからムッチリした足が伸び、真っ白のルーズに包まれている。部屋には女子高生様の香りが充満し、そんな女子高生様がじっくり見ている前で、全裸の変態的なポーズをとっている自分。それだけで、もう、いきそうだった。
「うわっ、チンポぴくぴくしてんよ。マジきしょいね、こいつ」
「普通、超恥ずかしくて死ぬんじゃねー?」

AD

スパイ大作戦 シーズン4


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(おもちゃの家1) ページ155
「そ、そんな、お許しください」
僕は必死にお願いした。それはあまりにも惨めな状況だった。
「ごちゃごちゃうるせーよ、早く脱ぎな!」
ミキ様が僕を睨みつけた。
当然、そんなお願いが聞き入れられはずも無かった。
「また、命令に逆らったよ、こいつ。お仕置きじゃん」
ユカ様の言葉に、僕は慌てて服を脱ぎ捨てた。
「申し訳ございません。お許しください」
最後のパンツに手をかけ、一気に引きおろした。
「やっぱチンポでかくしてんじゃん、こいつ」
カズミ様がニヤニヤしながら指摘する。

AD



<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(おもちゃの家1) ページ154
「服なんか着てねーで、全裸になれってーの、ぜ・ん・ら」
ユカ様が言ったとたん
「プッ」「ククッ」「ギャハハ」
女子高生様が大爆笑された。
僕はようやく何をさせたいか理解して真っ赤になった。
「今更何恥ずかしがってんだよ。うちらの前で全裸オナニーまでしてるくせに」
ミキ様の強烈な言葉が突き刺さる。
「ほら、早く脱げよ」
「は、はい」
僕は操り人形のように服を脱ぎだした。
「よし、決めた!お前、うちらとこの家にいる時は、常に全裸な!」
「キャハハ、ミキそれ最高!」
ミキ様がなんとも恐ろしいご命令をされた。

AD



<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(おもちゃの家1) ページ153
カズミ様、ユカ様がニヤニヤしながら命令された。
「は、はい」
僕にはもう逆らうことは考えられなかった。その場で膝をつき、手をつこうとしたその時だった。
「お前、ちょっと違くない?」
ミキ様が突然言い出した。
「えっ?」
僕は何のことか分からなかった。
ミキ様はカズミ様、ユカ様に目配せし、2人はすぐに察したようだった。
「お前、おもちゃのくせに、うちらと同じ格好って生意気じゃねー?」
カズミ様が楽しそうに僕を眺めた。
「は、はい?」
僕はまだピンと来ていなかった。

AD



<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。