FC2ブログ

女子高生様にいじめて頂くオリジナルM小説を掲載するblogです。



since 2005/01/23

プロフィール

JKS

  • Author:JKS
  • 小説の作者です。
<女子高生様にいじめられるDVD>
黒ギャル女子校生の放課後オヤジ狩りサークル
[サンプルムービー]

憧れの黒ギャル女子高生様にボコられる。そんな最高のシチュエーションです!

女子校生達の脚責め 瞳れん
[サンプルムービー]

ご存知瞳れん様のギャル系女子高生様にボコられるビデオです。結構マジで蹴りが入っていたりして、ハードにいじめられたい人にぴったり!

どうもM男優です。若い派手ギャルからスパルタでエロテク叩きこまれました。前編
[サンプルムービー]

女子高生様、ギャル様に罵倒され、殴られながらながら、エッチテクを教え込まれる。これもまた、たまらないシチュエーションです!



最近の記事



カテゴリー



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



現在の閲覧者

現在の閲覧者数:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(屈辱のプリクラ3) ページ142
黒いコーヒーの上に、また泡立った白い唾が浮かんだ。
「ほら、おいしそうだろ?」
ユカ様が僕の方を見た。
「ね、あんたらも飲ませて見る?」
唐突にミキ様が、ウエイトレス女子高生様に話しかけた。
「えっ?」「いいんですか?」
ひとりはちょっとびっくり、もうひとりは興味津々でたずねてくる。
「いいって、超おもしれーから入れてみな」
カズミ様が楽しそうにグラスを差し出した。ひとりがおずおずとグラスを受け取った。
「まじやるの?」「超おもしろそーじゃん」
ふたりはそんなやりとりをして…

AD


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(屈辱のプリクラ3) ページ141
「おいしかったって、マジキモ~い」「信じらんない」
ウェイトレス女子高生様の反応に、ミキ様、カズミ様はニヤニヤしていた。
そんな時…
「お待たせ~」
ユカ様の声が聞こえてきた。
「お帰り、ユカ。プリクラの様子聞かせて」
「もうすごい騒ぎだって!みんなキャーキャー言って変態プリ見てたよ」
ユカ様が楽しそうに話しだした。
「あ、もしかして特性ドリンク飲ませてたの?ユカのも飲ませてやるよ」
ユカ様はそう言うと、僕の前のアイスコーヒーを持ち上げた。コップの上に顔を持っていき、口をすぼめた。
「ぺっ」
ユカ様の唾がコップに吐き出された。

AD


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(屈辱のプリクラ3) ページ140
僕はそう言ってコップを持ち上げ、口元に持っていった。ストローを使うなんてことは許される筈もない。
白く泡立った唾が浮かぶ表面を見ながら口に含む。ほろ苦いコーヒーと共に「ドロリ」とした女子高生様の唾の感触が伝わってきた。
「ゴクッ」と一気に喉の奥に流し込んだ。
「うわっ、マジ飲んだよ」「本当に変態なんだ~」
ウェイトレス女子高生様達は、興奮気味に僕を見た。
「おい、お礼は?」
カズミ様が僕を睨んだ。
「女子高生様の唾入り特性ドリンクをありがとうございました。とてもおいしかったです」
僕は弾かれたように答えた。

AD


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(屈辱のプリクラ3) ページ139
ウェイトレス女子高生様は困ったような、でも面白がってもいるような表情で見ていた。
「こいつ、うちらのおもちゃだから、気にしなくて良いよ。超変態だけどね」
ミキ様が話しかけたことで、なんとなくあった、壁が壊れたようにウェイトレス女子高生様が話しだした。
「そうなんですか~ちょっとキモイけど面白そう」「本当に喜んで飲むんですか?」
既に興味深々の表情だ。
「ほら、せっかく見てもらってるんだから、おいしそうに飲んでみな!」
カズミ様にすかさずあおられてしまった。
「は、はい。ありがとうございます」

AD


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。