FC2ブログ

女子高生様にいじめて頂くオリジナルM小説を掲載するblogです。



since 2005/01/23

プロフィール

JKS

  • Author:JKS
  • 小説の作者です。
<女子高生様にいじめられるDVD>
黒ギャル女子校生の放課後オヤジ狩りサークル
[サンプルムービー]

憧れの黒ギャル女子高生様にボコられる。そんな最高のシチュエーションです!

女子校生達の脚責め 瞳れん
[サンプルムービー]

ご存知瞳れん様のギャル系女子高生様にボコられるビデオです。結構マジで蹴りが入っていたりして、ハードにいじめられたい人にぴったり!

どうもM男優です。若い派手ギャルからスパルタでエロテク叩きこまれました。前編
[サンプルムービー]

女子高生様、ギャル様に罵倒され、殴られながらながら、エッチテクを教え込まれる。これもまた、たまらないシチュエーションです!



最近の記事



カテゴリー



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



現在の閲覧者

現在の閲覧者数:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(屈辱のプリクラ2) ページ120
ミキ様は、携帯を取り上げると、まるで自分のものの様に電話をかけ始めた。
「あっユカ?どう?そっちは…」
どうやらユカ様と話しているらしい。
「ふぅん、そう。あ、これ変態の。見つかったらこれにかけて。じゃあ、後でね」
電話を切ると当たり前のように自分の鞄に放り込んだ。

そして、先ほどと違うファミレスに入って行った…

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(屈辱のプリクラ2) ページ119
ミキ様とユカ様がそんな会話を交して、こちらに振り向いた。
「お前、ついて来いよ」
ミキ様とカズミ様はそう言うと、歩き出した。
僕は、なぜユカ様とミキ様、カズミ様が分かれるのか分からず、不気味なものを感じたけど、とりあえず、下を向いたまま後について行った。さすがに、自分の精液でべたべたの顔をあげる事はできない。
ミキ様とカズミ様はどんどん歩いて、店を出た。慌てて後をついて行く。

「おい、お前の携帯貸しな」
ミキ様が突然振り向いて、命令された。
僕は訳がわからなかったが、反射的に携帯を差し出していた。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(屈辱のプリクラ2) ページ118
ミキ様とユカ様の言葉に慌てて反応して、スーツをはおりカバンを手にもった。
僕のお願いは当然の如く無視された。
ミキ様とユカ様が先に外に出る。
「オラ、行けよ!」
カズミ様が言うと同時にドンッと僕を蹴り出した。
「あっ」
勢いで外に飛び出した。プリクラの中と外は1枚で隔てられているだけなのに、別世界のようだった。
僕は精液まみれの顔を見られないように極力下を向いていた。
と、その時…
「じゃ、ユカ、よろしくね」
「オッケー、任せといて」

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。