FC2ブログ

女子高生様にいじめて頂くオリジナルM小説を掲載するblogです。



since 2005/01/23

プロフィール

JKS

  • Author:JKS
  • 小説の作者です。
<女子高生様にいじめられるDVD>
黒ギャル女子校生の放課後オヤジ狩りサークル
[サンプルムービー]

憧れの黒ギャル女子高生様にボコられる。そんな最高のシチュエーションです!

女子校生達の脚責め 瞳れん
[サンプルムービー]

ご存知瞳れん様のギャル系女子高生様にボコられるビデオです。結構マジで蹴りが入っていたりして、ハードにいじめられたい人にぴったり!

どうもM男優です。若い派手ギャルからスパルタでエロテク叩きこまれました。前編
[サンプルムービー]

女子高生様、ギャル様に罵倒され、殴られながらながら、エッチテクを教え込まれる。これもまた、たまらないシチュエーションです!



最近の記事



カテゴリー



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



現在の閲覧者

現在の閲覧者数:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のネット調教3 ページ42
「いいよ。じゃあこの画像な~んだ? 」
そこには、デニムのスカートとその奥の真っ白いパンツが写った最高に素敵な写真が添付されていた。
「も、もしかして、かな様のパンツでしょうか?
これだけでイキそうになってしまいます。
あきおは全裸になっております」
かな様の思わぬプレゼントだった。そして自分の格好といえば、どんなポーズでもお見せできるよう、全裸でかな様のメールをお待ちしていたのだ。
「ピンポーン。当たりだよ変態」
「ありがとうございます。変態にはもったいない画像です」

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のネット調教3 ページ41
早く帰りたかったけど、食事の付き合いやら何やらで、すっかり遅くなってしまい、ホテルに戻ったときには既に夜の10時近くになっていた。急いでかな様にメールを送った。
「かな様
やっと仕事が終わり、もうすぐホテルです。遅すぎますでしょうか?何卒お願いいたしますm(__)m」
「いいよ」
「本当ですか?ありがとうございます。やっぱりかな様は最高の女子高生様です」
「今から?」
「はい、かな様。本当にありがとうございます。かな様のおもちゃとして、いじめてくださいませm(__)m」

そして次に送られてきたメールはたまらなかった。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のネット調教2 ページ40
「かな様、申し訳ありません。客先に到着してしまいました。どうしても仕事に入らなければなりません。今晩改めていじめて頂けませんでしょうか?」
自分の都合でかな様にお願いするなんてとんでもない話だ。
「いいよ」
でも、かな様は最高の女子高生様だった。
「かな様
ありがとうございます。今日はホテルに泊まります。何時頃が宜しいでしょうか?」
「何時でもいいよ。あきおが戻ったらメールしな」
「遅くならないようにメールさせて頂きます。よろしくお願いいたします」
そして、仕事を始めた。実際は仕事にならなかったけど…

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のネット調教2 ページ39
「そうなんだ。じゃあ私が他の子にムービーを見せたらどうする?」
本当にたまらない言葉だった。
自分の喘ぎ声が入ったオナニームービーをたくさんの女子高生様に見ていただく…
考えただけで、イッってしまいそうになるが、なんとか踏みとどまった。
「どうかお許しくださいm(__)m
かな様だけのおもちゃ奴隷にして下さいm(__)m」
「あははっ(*^_^*)」

そうこうしているうちに客先に到着した。ここからは、どうしてもメールする時間はなくなりそうだった。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。