FC2ブログ

女子高生様にいじめて頂くオリジナルM小説を掲載するblogです。



since 2005/01/23

プロフィール

JKS

  • Author:JKS
  • 小説の作者です。
<女子高生様にいじめられるDVD>
黒ギャル女子校生の放課後オヤジ狩りサークル
[サンプルムービー]

憧れの黒ギャル女子高生様にボコられる。そんな最高のシチュエーションです!

女子校生達の脚責め 瞳れん
[サンプルムービー]

ご存知瞳れん様のギャル系女子高生様にボコられるビデオです。結構マジで蹴りが入っていたりして、ハードにいじめられたい人にぴったり!

どうもM男優です。若い派手ギャルからスパルタでエロテク叩きこまれました。前編
[サンプルムービー]

女子高生様、ギャル様に罵倒され、殴られながらながら、エッチテクを教え込まれる。これもまた、たまらないシチュエーションです!



最近の記事



カテゴリー



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



現在の閲覧者

現在の閲覧者数:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ59
人前でどう呼ばれるか心配だったけど、とりあえず普通に呼んで頂けるようだ。ごく普通に女子高生様と待ち合わせしているような錯覚をしてしまいそうになる。
とりあえず急いで、3人が座っているテーブルに向かった。
テーブルには一番奥にミキ様、その隣にカズミ様、向かい側にユカ様と言う形で座っていた。
「遅くなりました。すみません」
「いーから早く座れよ」
カズミ様が促した。
「は、はい」
僕はホッとして、空いているユカ様の隣に座った。目の前のテーブルにはケーキ、パフェ、ジュースなどが所狭しと並んでいる。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ58
待ち合わせのファミレスは駅からそんなに離れていない。少し遅れ気味のため急いで向かった。
ファミレスに着き、入り口の前で一瞬立ち止まったが思い切って扉を開けた。

「いらっしゃいませ。何名様ですか?」
「あ、待ち合わせなので」
そう言って辺りを見回す。この時間、この沿線と言う事もあり、女子高生様のグループが結構いらっしゃったが、その中でもミキ様、カズミ様、ユカ様は郡を抜いて可愛く、すぐに見つける事ができた。
ちょっと奥まった、周りに人がいないテーブルに座っている。
「おーい、祐二、こっちこっち」
カズミ様が手招きした。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ57
このあたりは営業で良かったと思う所だ。
とりあえず大井町に向かいそこで大井町線に乗り換える。
大井町線のこの時間、やはり女子高生様が多い。ミニスカートからムッチリとした太腿が伸びている。いつもなら思い切り眺めて楽しむ所だけど、さすがに今日はそれ所ではなかった。
これからどんな事が起こるのか想像もつかなかったけど、昨日の事を考えるとタダでは済まないのは分かりきっていた。
「次は**、**」
そんな事を考えているうちに、女子高生様との待ち合わせの駅に到着した。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ56
こんな写真をばらまかれるのは絶対まずいと思い慌ててメールを返信した。
「ミキ様
申し訳ありませんでした。必ず伺いますので、それだけはお許しください。
祐二」
すぐにメールが返ってきた。
「変態男祐二へ
最初から素直に言うこと聞けば良いんだよ。写真は許してやるけど、逆らった分たっぷりお仕置きしてやるからね。
ミキ」
僕は時間をずらそうとした事を思いきり後悔しながらも、「お仕置き」と言う文字に心がうずいてしまっていた。
とりあえず、時間通り行くために、無理矢理外回りの用事を入れて外出した。



<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ55
「ミキ様
すみません。4時30分は難しいです。もう少し後にして頂けませんでしょうか?」
すぐにメールが返ってきた。
「お前の都合なんか聞いてねーよ。おもちゃはうちらの言うことに絶対服従だろ。来なかったらこの写真ばらまくからな。
ミキ」
僕はハッとして写真を開いて見た。そこには、やはり全裸で変態ポースをとっている自分が写っていた。
慌てて携帯を閉じて周りを見回した。全身に汗が吹き出してくる。
改めて日常空間で見ると、その格好の異様な恥ずかしさをまざまざと感じてしまった。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ54
それは会社に来てからも同じだった。昨日の強烈な体験が頭から離れない。
悶々として仕事に全く集中できなかった。

その時、ブルブルと携帯が振動しメールの到着を知らせた。あわててメールをチェックする。
「変態男祐二へ
今日4時30分に**駅近くのファミレス**に集合。遅れたりしたらお仕置きだよ。
ミキ」
昨日の女子高生様ミキ様からのメールだった。やはり、昨日の事はそれで終わりではなかったのだ。恐れと期待が入り混じるが、行くしかないと思った。
だが4時30分ではまだ仕事中だ。もう少し後にしてもらえないかメールを返した。



<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ53
「田中、おい田中」
「あ、はい。何でしょう」
「何ぼーっとしてるんだ。今日はおかしいぞ」
上司のチェックが入った。実際今日は殆ど仕事が手についていない。

昨日家に帰ってからも、女子高生様の前でした恥ずかしい格好、恥ずかしい言葉を思いだして、何度もオナニーをしてしまった。ふと我に返ると、女子高生様に恥ずかしい写真と自分の全ての情報を握られてしまった事に恐怖を覚え、どうなってしまうのか不安に駆られてしまうが、また思いだしてはオナニーをする。そんな繰り返しで殆ど一睡もできなかった。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ52
「じゃあそろそろ行こうか」
ミキ様がカズミ様とユカ様に声をかけた。
「オッケー」
出口の所まで行った所でミキ様がクルリと振り向いた。
「明日連絡するからバックレんじゃねーぞ。もうお前に逃げ場無いからな」
そう言ってから、3人は出て行った。

変態ポーズでお見送りした僕は、しばらく放心状態だった。
恥ずかしい写真から名前、住所まで押さえられた恐ろしさ、念願の女子高生様にいじめていただいた快感がごちゃまぜになっていた。

これからどうなっていくんだろう…

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ51
「ミキ超厳しいじゃん。でも超面白れーけど」
「うちらのおもちゃなんだから、きっちり躾なきゃね」
ユカ様とミキ様が話している間に、僕は立ち上がって変態ポーズをとりはじめた。
手を首の後ろで組んで、足を開き腰を落としす。最後に腰を前に突き出した。
恥ずかしさがこみあげてくると同時に、快感を感じてしまう。
「プッ、お前さっき出したばっかなのに、もうチンポでかくしてんじゃねーよ」
カズミ様が鋭く指摘してくる。
「まあ、明日からたっぷりおもちゃにしてやるから楽しみにしてろよ」

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ50
「バシッ」そのとたんミキ様のビンタが僕の右頬に炸裂した。
「あっ…」ジーンとした痛みが右頬から広がってくる。年下の女子高生様にビンタされ、改めて屈辱感がこみあげてくる。
「何でしょうじゃあないだろ?うちらの前でする基本のポーズは何だった?言ってみな」
僕は先程のとてつもなく恥ずかしいポーズを思い出しながら答えていた。
「へ、変態ポーズです」
「そうそう、その変態ポーズでうちらを見送るんだよ。わかった?」
「はい、わかりました」
この時は、もう女子高生様の命令に従うようにしか頭が働かなかった。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ49
「今日はこれで終わりにしておくか。約束通り2万はもらってくよ」
そう言ってミキ様は僕の財布の中から2万円を抜き取った。
「うちら先に出るから、お前ここ綺麗にしてこいよ」
「アハハ、そうそう、お前の出した汚ねー精液ちゃんと拭いとけよ」
ユカ様とカズミ様が笑いながら、持っていた僕の携帯や免許証をカバンの上に投げ出した。 「うちら行く前に、変態祐二、お前何か忘れてない?」
ミキ様がツカツカと近寄って来て僕を見下ろした。
「な、何でしょう?」
僕は恐る恐るお伺いしてみた。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ48
「はい、嬉しいです。ありがとうございます」
「アハハ、少しは自分の立場を分かってきたんじゃねー、こいつ」
ユカ様が笑っている。
「よし、祐二、最後にうちらの名前教えるからしっかり覚えろよ」
ミキ様が紹介を始めた。
「私がミキ、で、こっちがカズミであっちがユカ。いい、わかった?」
「はい、わかりました」
「じゃあ確認だよ。間違えたらお仕置きだからね。私は?」「ミキ様です」
「じゃあ、私は?」「カズミ様です」
「私は?」「ユカ様です」
「フフッ、よく言えたね~。ちゃんと様づけで言えたから、お仕置きは無しにしてやるよ」

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ47
「カズミ、携帯の方もチェックしといて」
「オッケー」
カズミ様が僕のカバンをゴソゴソと探しだした。
「んーっと、あったあった。番号が090-****-****。ついでにメアドが***@**.ne.jpだよ」
「フフッ、これで何時でも呼び出せるな」
ミキ様が目を輝かせた。
「明日から、たっぷりとおもちゃにしていじめてやるから。嬉しいだろ、ん?」
追い討ちをかけるようなミキ様の言葉に、全てを押さえられた僕は、本当に女子高生様の言いなりになるしかないと観念した。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ46
僕がハッとして見上げると、ミキ様が僕の免許証を読み上げていた。
「年は35歳、住所は**市**区**、おっ、この沿線じゃん。うちらの遊び場に丁度良いね」
「あっ、か、返してください。お願いします」
僕は真っ青になってお願いした。
「ばーか、今更遅せーって。お前の恥ずかしい写真も住所も名前も全部押さえたから」
カズミ様が楽しそうに笑っている。
「これで本当に、うちらに絶対服従のおもちゃになったってことが分かったろ?変態祐二」
ミキ様に名前を呼ばれドキンとした。同時にもうどうしようもない状況になったことを悟った。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ45
「ギャハハ、でたーっ」「うわーっ、メチャメチャ飛んでねー?」
女子高生様は大盛り上がりだった。

僕は体の力が抜けて膝から崩れ落ちた。あまりの快感にしばらく意識が朦朧としていたので、女子高生様が僕のカバンを持ってきてゴソゴソとしていたのには気付かなかった。
しばらくその場でうずくまっていたけど、カズミ様に足でこずかれてハッと我に帰った。
「おい、起きろよ変態男」「超出しすぎだってーの」
女子高生様が口々にニヤニヤしながら僕を見下ろしていた。
「えーっと、この変態男の名前は田中祐二…」

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ44
「ああっ、気持ちいいです。女子高生様」
あまりの気持ちよさに頭が真っ白になっていく。
「手だけじゃなくて腰も動かせよ」
カズミ様の声に反応して腰を大きく動かした。さらに快感が高まってくる。
「いいか、勝手にイクなよ。イク時は、変態イキます、って言ってからイケよ」
ミキ様がさらに恥ずかしい命令をされた。
僕はもう限界だった。チンポをさらに強烈に扱きあげる。
「グチュ、グチュ、グチュ」「あっ、あっ、あっ」
快感が脳天まで突き抜けた。
「変態イキます」
言った瞬間、「ドピュ、ドピュ」っと大量の精液を吐き出した。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ43
「ってか、同じこと言ってどうすんだよ。ほら、もっとうちらが笑えるようなお願いしてみな」
僕は朦朧とする頭で必死に考えながらお願いした。
「ああっ、女子高生様。どうか変態男のオナニーショーをご覧ください」
「ギャハハ」女子高生様の笑い声が響いた。
「オナニーショーだって。超ウケんじゃん」
「よし、じゃあ変態男のオナニーショー見せてみな」
ようやくミキ様のお許しがいただけた。
「あ、ありがとうございます」
僕は一気にチンポを扱きだした。
「ヌチャ、グチュグチュ」既にガマン汁がたっぷり出ていたため、いやらしい音が響き渡る。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ42
「ばーか、そんなんじゃ全然面白くねーって。もっと変態らしくお願いしてみろよ」
カズミ様が囃し立ててくる。
「す、すみません。僕は女子高生様にいじめられて感じてしまう変態男です。どうか、オナニーをさせてください」
もう完全に女子高生様の言うがままになっていた。
「ほら、腰を前後に振りながら言ってみな」
今度はユカ様のリクエストだ。僕は腰を前後に振りながら繰り返した。
「僕は女子高生様にいじめられて感じてしまう変態男です。どうか、オナニーをさせてください」
「プッ、こいつ本当に腰振ってるよ」

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ41
「いーね、ミキ。超面白れーよ」
「でしょ。でも今日はこいつそろそろ限界かな。ほら、チンポがパンパンでガマン汁ダラダラ垂らしてるよ」
ミキ様は鋭かった。まるで心の中が見透かされているようだ。
「そろそろ、いきたくてしょーがないんじゃないの、お前?」
「は、はい、お願いします。も、もう限界です…」
「フフッ、そう簡単にいかせてもらえる訳無いだろ?その格好で、うちらにお願いしてみな。うちらが楽しめたらオナニーさせてやるよ」
僕はオナニーしたい一心でお願いをし始めた。
「お願いします。どうかオナニーをさせてください」

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ40
「この変態ポーズ忘れんなよ。うちらの前ではこのポーズが基本だからな」
「はい、わかりました」
「ミキ、超面白いよこれ。こんなオヤジがうちらの命令でこんな恥ずかしい格好するなんて、超サイコー!」
「よし、この変態ポーズも撮ってやるからな」
カズミ様がさらに携帯で撮影を始めた。こんなに恥ずかしい格好まで写真に撮られ、惨めさがこみあげてくる。でも、今はそれすら快感になってしまう。断続的に続く快感にそろそろ限界が近づいていることを感じた。
「これからはたっぷり恥ずかしいポーズを教え込んでやるから」

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ39
「うわーっ、超恥ずかしくねー、この格好!」「っていうか信じらんねー、普通絶ってー出来ねーよ、こんな格好!」「でもほら、こいつのチンポ相変わらずビンビンだよ」「キャハハ、こいつほんと変態」
カズミ様とユカ様がさすがに興奮気味に話している。
「フフッ、嬉しいだろ?お前の大好きな女子高生に、たっぷり恥ずかしい格好見てもらえて、ん?」
ミキ様が問いかけてくる。
「は、はい。嬉しいです」
僕はそう答えるしかなかった。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ38
それは、あまりにも恥ずかしい格好だった。
思わず動きを止めてしまう。
「お前、バカじゃねー?こればらまかれてーの?」
カズミ様がまたニヤニヤと携帯を見せびらかす。
「ああ、それだけは許してください」
僕は、呟くしかなかった。
その時、「パンッ」という音と共にお尻に痛みが広がった。思わず腰を前に突き出てしまう。そう、ミキ様が僕のお尻に平手打ちをしたのだった。
「手間かけさせんじゃねーよ。これで変態ポーズの完成だよ。変態露出狂のお前にはピッタリだろ?」
僕は全身が真っ赤になった。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

ページ37
「まず手を頭の後ろで組んでみな。お前の汚いチンポを隠せないようにしなきゃね。」
「は、はい」
僕はおずおずと手を頭の後ろで組んだ。
「よし、じゃあ次は足を開いて軽く腰を落としな」
考えるととてつもなく恥ずかしい格好だ。でも、女子高生様の前で、自分だけ全裸で、しかもそんなに恥ずかしい格好を命令されている。そう考えると、どうしようもなく感じてしまう。
ゆっくりと足を開いて腰を落としていく。
「フフッ、いい格好。じゃあ最後に腰を突き出して、お前のチンポを晒してみな」

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。