FC2ブログ

女子高生様にいじめて頂くオリジナルM小説を掲載するblogです。



since 2005/01/23

プロフィール

JKS

  • Author:JKS
  • 小説の作者です。
<女子高生様にいじめられるDVD>
黒ギャル女子校生の放課後オヤジ狩りサークル
[サンプルムービー]

憧れの黒ギャル女子高生様にボコられる。そんな最高のシチュエーションです!

女子校生達の脚責め 瞳れん
[サンプルムービー]

ご存知瞳れん様のギャル系女子高生様にボコられるビデオです。結構マジで蹴りが入っていたりして、ハードにいじめられたい人にぴったり!

どうもM男優です。若い派手ギャルからスパルタでエロテク叩きこまれました。前編
[サンプルムービー]

女子高生様、ギャル様に罵倒され、殴られながらながら、エッチテクを教え込まれる。これもまた、たまらないシチュエーションです!



最近の記事



カテゴリー



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



現在の閲覧者

現在の閲覧者数:



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(屈辱のプリクラ1) ページ104
「ドピュ、ドピュ」
言ったとたんに、大量の精液が吐き出された。
「ギャハハ、出たーっ!」
「うわっ、お前超出しすぎだってーの!」
「イキやがったよ、こいつ」
ミキ様、カズミ様、ユカ様は大受けだった。
僕は頭の中が真っ白になって、その場に崩れ落ちた。

「おい、何倒れてんだお前?まだお仕置き終わってねーぞ」
カズミ様に足で小突かれてハッと我に返った。
3人がニヤニヤと僕を見下ろしている。
「お前の汚ねー精液でこんなに汚しやがって」
見ると、プリクラの正面が自分の出した精液でべっとりと汚れていた。

AD


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(屈辱のプリクラ1) ページ103
ミキ様がそう言うと、カズミ様、ユカ様も声を合わせてカウントダウンを始めた。
「10・9・8…」
僕は、恥ずかしいお願いを口にする事でさらに感じようとした。
「僕は女子高生様の変態おもちゃです。どうか女子高生様の奴隷としていじめて下さい。ああんっ」
「アハハ、変態!」
「7・6・5…」
時間がどんどん無くなっていく。
僕はさらに狂ったように激しくチンポをしごき出した。
「ヌチャ、グチュ、クチュ」
「あっ、あっ、あっ」
「…4・3・2」
その瞬間、電流のように身体中に快感が突き抜けた。
「ああっ、変態イキます」

AD


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(屈辱のプリクラ1) ページ102
「ああんっ」
「グチャグチュ」
僕は腰を振って必死にチンポをしごき、乳首をいじり続ける。
「ほら残り20秒だよ」
「アハハ、こいつ必死こいてしごいてるよ」
「やっぱカーテン全開じゃねー?」
3人はさらに笑いながら眺めている。
「お前、万が一イク時は『変態イキます』を忘れんなよ」
ミキ様がさらに厳しい命令をされる。
僕はもう必死だった。
「ああっ、だめ、許して」
そう言いながらしごき続ける。
「ほらあと10秒だ。カウントダウン開始!」



<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(屈辱のプリクラ1) ページ101
だが実際には、迫ってくる時間への焦りと、イケなかった時に晒される自分の姿を考えると、とても無理だった。
「ほらほら、残りあと30秒だぞ」
カズミ様が無情にも時間の経過を告げる。
「む、無理です。お願いします。時間を下さい」
「ダメだよ。あと30秒でイカなかったらカーテン全開だからな」
当然そんなお願いなど聞いてもらえるはずもなかった。
「そんなこと言ってる暇あったら、もっとチンポしごいてみな」
「キャハハ、もっと腰動かせよ」
「プッ、乳首のいじりかた足りねーんじゃねーか?」
カズミ様とユカ様が大笑いしながら命令された。


<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>

女子高生様のおもちゃ(屈辱のプリクラ1) ページ100
「グチュグチュ」
既にがまん汁でベトベトのチンポは、すぐにいやらしい音をたて始めた。
「あーあ、汚ねーがまん汁こんなに垂らしやがって、こいつすぐイッちまうんじゃねー?」
ユカ様が不満げにミキ様に問いかける。
「フフッ、そうかなー?時間切られるとなかなかイケないよ、普通」
「ってか、普通じゃねーし、こいつ」
「それもそっか」
ミキ様とユカ様がそんな話しをされている。
確かに自分自身、こんなに間近で女子高生様にオナニーを見て頂いて、恥ずかしい言葉をあびせられ、すぐにイッてしまうと思っていた。

<作者お勧め:「女子高生様、ギャル様にいじめられる映像!!」>
<女子高生様にいじめられる映像:マニアックマックス1>


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。